« 読書の「ナツ」がやってきた | トップページ | 絵でコミュニケーション »

2006年7月 7日 (金)

「コロケーション」ってなんだ

先日、新聞を読んでいたら、ある言葉が目に留まりました。

『日本語コロケーション辞典』、んんっ?コロケーションってなんだ~。コロッケやったら大好きやけど…。

日本語の辞典であることは分かっているので(当たり前やん)、興味津々でコロケーションを調べてみることに。えっと、大辞泉によれば、コロケーション(collocation)は、

「二つ以上の単語の慣用的なつながり。連語関係。」

という意味だそうです。ということは、日本語連語関係辞典ということか。お~っ、これは面白そうだ。ありそうでなかった辞典ではないでしょうか。監修されているのは、おなじみの近代知先生!ぜひ手に入れたい一冊です。

実は今、他にも欲しい辞典があります。一冊は、『美しい日本語の辞典』。後世に残したい日本語や、自然と深い関わりのある日本語などが収められています。そしてもう一冊は、『きっずジャポニカ』。小学生向けの本とはいえ、大人が読んでもきっと面白いと思います。昔から此の手の図鑑・事典が好きだった私にとっては、なかなか魅力のある一冊です。この4月から立命館小学校で副校長をされている陰山先生も、監修者として携わられています。

『知っておきたい 日本語コロケーション辞典』 2006.6 学習研究社

・『知っておきたい 日本語コロケーション辞典』 2006.6 学習研究社

知っておきたい 日本語コロケーション辞典(学習研究社)

『美しい日本語の辞典』 2006.3 小学館

・『美しい日本語の辞典』 2006.3 小学館

美しい日本語の辞典(小学館)

『きっずジャポニカ』 2006.6 小学館

・『きっずジャポニカ』 2006.6 小学館

きっずジャポニカ(小学館)

|

« 読書の「ナツ」がやってきた | トップページ | 絵でコミュニケーション »

4.はっちのアンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コロケーション」ってなんだ:

« 読書の「ナツ」がやってきた | トップページ | 絵でコミュニケーション »