« ○冊目 『町工場のマチコお嬢』 | トップページ | 21冊目 『トコトンやさしい音の本』 »

2006年10月19日 (木)

連関に関連した話

いわゆる文化人と呼ばれている人の文章を読んでいると、たまに「連関」という言葉を目にします。調べてみると、「関連」と意味はさして変わらないようなのですが、この二つの言葉を使い分ける決まりはあるのでしょうか。

【関連】 goo 辞書

【連関】 goo 辞書

「関連」という言葉の方が一般的なので、「連関」という言葉を使うことで、文章をやや格調高いものにしようという意図があるのだろうか、ということくらいしか私には思いつきません。

漢字の順序を入れ替えても使われる言葉で、今ふと思いついたのが、「感触」「触感」

【感触】 goo 辞書

【触感】 goo 辞書

意味からすると、「触感」の方が限定的な使われ方で、「感触」の方が広く使われるような気がします。このような、漢字の順序を入れ替えても意味が通じる言葉は、「日本・本日」など、まだまだたくさんありそうですね。

今日の話題からは話がそれますが、

「大人気(だいにんき)」と「大人気ない(おとなげない)」

の表記の重なりに、日本語の面白さと奥深さを感じます。おっと、「奥深い」と順序を入れ替えた「深奥」という言葉もあるなぁ。

なんとなく、私は一番よりも二番だという人には、

「私、大人気ないけど、中人気はあるのよ。」

などと言ってほしいです。中人気があるという言い方が妙にリアルなので、『自分のことを客観的に捉えられる人』で『ちょっとユーモアもある人』なんだという理解をされることでしょう。きっと。

ところで、この発言は筆記じゃないと成立しないのではないか、ということに今気づいてしまいました。口頭だと「大人気ない」と「中人気」の連関(おっ!)が分かりにくいですもんね。

私は本を読むペースがそれほど速くないのですが、その理由の一つが、「言葉」を探しているからなんです。本を読んでいて、内容を理解するというのが第一義なのですが、それに加えて、面白い言い回しや、自分が知らない言葉と出会うという楽しみ方を私はしています。いちいちメモをとったり、その言葉について調べてみたりと、脱線が多いので、本を読むペースはなかなか上がりません。

最近は、なんだか「紅葉の秋」ならぬ、「言葉の秋」という感じの日々です。

追記1:2006年10月20日(金)

昨日ここで取り上げた、「漢字の順序を入れ替えても使われる言葉」について調べていたところ、『反対語サイト』というすごいサイトに行き着きました。

反対語サイト

サイトの説明によると、

「社会」と「会社」の様に、熟語の並びを反対にしても「意味が通ずる単語」を蒐集するコーナー

ということで、ルールもきちんと決めた上で、なんと1000以上の「反対語」が掲載されています。いや~、言葉の達人に出会えた感激でいっぱいです。さらに、酒井芳徳さんが、『可逆語を探す』という本を書かれていることを知りました。本の内容紹介を見てみると、

日本語が持つ言葉の面白さを探るため、文字を逆にしても使える二字漢字の言葉を収集し編集した本邦初の可逆語辞典。逆にしても意味の変わらないもの、意味を共有するか関連性の高いもの、全く意味が変わるものに分類して収録。

と説明されており、是非読んでみたいなと思いました。

・『可逆語を探す』 酒井芳徳 2004.3 郁朋社

今日は、「さらに」の話ばかりなんですが、「大人気」と「大人気ない」のような言葉を集めているサイトにも行き着きました。

誤読の部屋(しろくま君のホームページ)

いや~、本当に言葉は面白いですね。そして、私が興味をもった言葉をすでに収集されている言葉の達人の方々の存在には感謝と喜びの気持ちでいっぱいです。

|

« ○冊目 『町工場のマチコお嬢』 | トップページ | 21冊目 『トコトンやさしい音の本』 »

4.はっちのアンテナ」カテゴリの記事

コメント

連関と関連、より普遍性を高めるのは、連関のようだ・・・

数の言葉の自然数と物理学での[四則演算(+ - × ÷ =)]の共通の連関を[パリティ]に・・・ 

数の言葉の自然数は、[絵本]「もろはのつるぎ」で・・・ 

投稿: 自然数の日 | 2020年3月16日 (月) 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連関に関連した話:

« ○冊目 『町工場のマチコお嬢』 | トップページ | 21冊目 『トコトンやさしい音の本』 »