« 八二力三 | トップページ | もちのろん »

2006年11月12日 (日)

23冊目 『へんないきもの』

地球上には多種多様な生物がいますが、私たちは一体どれくらいの生物を知っているのでしょうか。犬や猫、カエルやトンボなど、私たちにとって身近な生き物は、童謡や昔話にも登場し、これまで親しまれてきました。しかし今や、人やモノが国と国とを行き来するのが当たり前の時代であり、私たちを取り巻く生物も少しずつ変化してきています。

湖ではブラックバスが、側溝ではワニガメが、ついにはピラニアまでが日本で繁殖していたなんて話も聞きます。「めだかの学校」が「ブラックバスの学校」になり、浦島太郎ではワニガメが子どもたちを襲う、なんてことにはならないでしょうが、今後、私たちにとって身近ではなかった生物が日本で次々と見られるようになるのは間違いありません。そんな私が手に取ったのが、今回紹介する、

『へんないきもの』 早川いくを 2004.8 バジリコ

へんないきもの』 早川いくを 2004.8 バジリコ

という本です。出版されて少し時間が経っていますが、新聞やメディアでも何度も取り上げられていたので、ずっと気になっていた本でした。

本を捲っていくと、これでもかこれでもかと、異形かつ異様な生態の生物のパレードが続き、この地球上にはこんなにも豊かな生態系が広がっていたのかと感動を覚えました。普通は著者の「はじめに」で、

~これから読者のみなさんを不思議な生物の世界に招待します~

なんていう書き出しで始まりそうなものですが、この本は紹介している動物の一覧がまずあり、次の頁からいきなり本題に突入します。

紹介されているのは66項目に及ぶ「へんな」生物たち。中にはひょうきんであったり、ユーモアのある姿をした生物もいますが、怪物そのものといた生物も数多く紹介されています。私が気になったのは「キメンガニ&スマイルガニ」。

それにしても、怨念にしろピースにしろ、そのメッセージの伝達者がどうして「カニ」なのだろうか。甲殻類は親切なのか?(P26)

という筆者のツッコミには共感して笑ってしまいました。敵を察知するとあまりにも見事な「死んだフリ」をする「オポッサム」や、生きるために食うのではなく、食うために生きる「トガリネズミ」、巷で話題の超生命体「クマムシ」など、人間の想像を超越した生物の数々に、きっと胸がワクワクしてくるに違いありません。

「あの生きものは今」というコーナーがあり、「アゴヒゲアザラシ狂騒曲」「ツチノコはなぜ扁平か」と題した2つのコラムが書かれていましたが、非常に読み応えのある面白い文章でした。

最初は、「へんないきもの」に飛びつきやすい年頃の子ども向けの本かなと思っていたのですが、読んでみると、ピリッとスパイスの効いた皮肉やウィットに富んだ文章で、子どもにはやや難しいであろう言葉も多く使われていたので、これは意外と大人向けの本だと分かりました。寺西晃さんのイラストにも惹きつけられます。気楽に本を開くと、思いがけずのめり込んでしまう、そんな面白い本でした。

バジリコの本書の紹介ページで、試し読みが出来ます。先ほど触れた「キメンガニ&スマイルガニ」も読めますよ。続編も出ているので、是非読んでみたいです。

追記1:2006年11月13日(月)

なんと「へんないきもの」のDVDが、来年2007年1月に発売されるそうです。文章とイラストだけでも衝撃を受けましたが、実際に動いているところを見たら更に度肝を抜かれそうです。でも興味津々だぁ。

今月の始めに、第4のひれを持つイルカが発見されましたが、今度はヒョウ柄の新種の深海魚が発見されたそうです。

asahi.com 2006年11月11日:ヒョウ柄の新種の深海魚

海の豹といえば、これまではあざらし(海豹)でしたが、ここまであからさまにヒョウ柄を見せつけられたら、もう「海豹」の座を譲るしかないでヒョウ。先月はイセエビの新種が見つかったところ。やっぱり人間の知らない未知なる生物はまだまだ地球上にいるようですね。

第4のひれ持つイルカ発見 退化したはずの後ろ脚?(asahi.com)

ヒョウ柄の新種の深海魚見つかる 紀伊半島沖と沖縄で(asahi.com)

体重4キロ、長さ1m 新種のイセエビ、小笠原に生息(asahi.com)

◎関連リンク◎

へんないきもの(basilico)

・『またまたへんないきもの』 早川いくを 2005.12 バジリコ

・『へんないきもの(DVD)』 2007.1 NHKエンタープライズ

|

« 八二力三 | トップページ | もちのろん »

ユーモア・笑い」カテゴリの記事

動植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 23冊目 『へんないきもの』:

« 八二力三 | トップページ | もちのろん »