« 32冊目 『122対0の青春』 | トップページ | 33冊目 『四国はどこまで入れ換え可能か』 »

2007年2月 1日 (木)

心濁り

1月中旬から終わりまで、正月休みの反動でハードワークの日々を送っておりました。そんな毎日の中で気づいたこと。

ひと~つ、『ハード』とは「は~、しんど」の略である。

ひと~つ、『ハード』とは心が半分濁った状態である。ということは濁りきったら鳥になっちゃう…。そうそう、私は鳥じゃなくて、○付きのパートでした……。

あれ、誰も後ろにいない………。

今日は久々に「コトバ」の話題です。以前、「もちのろん」という記事を書いたのですが、先日、同じおばちゃんに、「アマチュアプロレスってどういうこと?矛盾してない?」と尋ねられました。

その話を詳しく聞くと、出掛けた先で、若い男性に「アマチュアプロレスをやっているんで、ぜひ見ていってください」と声をかけられて、しばらく見ていったそうです。それってアマなの?プロなの?ということで、面白そうだと思い調べてみました。

どうやらプロレス愛好家の方たちによる、事業収入を得ない形のプロレスのようです。このように矛盾を感じる言葉を私も探してみましたが、「古新聞」「西東京市」くらいしか思いつきませんでした。この方面はもっと開拓してみたいです。

もちのろん(なにかが違う。ピンポンパン♪)

プロアマの風景(鉄血くだらな帝國)

これも以前書きましたが、「誤変換」の話。こうして文章を打ち込んでいると、思わぬ変換がおこって、驚いたり感心したりすることがよくあります。

「思考停止」→「始皇帝氏」

「~したほうがいいと思う」→「~した法外意図思う」

「言えないよ」→「家無いよ」

「超さぶい」→「調査部位」

変換によっては、なんだか面白ストーリーが浮かんできそうな予感。今はパソコンが勝手に誤変換してくれるのをただ待つという状態ですが、自分で面白く変換できるようになったら、AERAの一行コピー部(そんなのないない?)に就職希望。

誤変換の妙味(なにかが違う。ピンポンパン♪)

一行コピー(AERA-net.jp)

1月に、とある所さんのテレビ番組で、「我妻」と書いて「わがつま」という苗字の少年を見ました。これってすごいと思いました。

もし同じクラスに「我妻」くん・さんが2人いたとして、出席番号が最初と最後かもしれないじゃないですか。「あがつま」と「わがつま」。面白い!

Yahoo!検索 - 我妻 あがつま

Yahoo!検索 - 我妻 わがつま

最後はいつでも唐突に、気になっているCMを。「麺の達人」が長期に亘ってツボの私。

「麺達夫人 オープニング」篇(日清食品)

「いい顔してますね」編(アルプス電気株式会社)

はっけよいエコライフ(AC公共広告機構)

Block Party(ASICS)

新垣結衣さん出演 ポッキーCM(Pocky Street)

ないものは、つくるしかない。(サッポロビール)

2007年に放映を開始したコマーシャル(協和発酵)

|

« 32冊目 『122対0の青春』 | トップページ | 33冊目 『四国はどこまで入れ換え可能か』 »

4.はっちのアンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心濁り:

« 32冊目 『122対0の青春』 | トップページ | 33冊目 『四国はどこまで入れ換え可能か』 »