« 61冊目 『花が咲く頃いた君と』 | トップページ | 63冊目 『四畳半神話大系』 »

2009年1月24日 (土)

62冊目 『宇宙兄弟』

昨年、久しぶりにプラネタリウムに行きたいと思いながら、結局行けないまま年を越してしまいました。夜空に浮かぶ星座は数あれど、自分の心の中でひときわ輝き続けている星座はというと、やはりオリオン座です。子どもの頃に学校の理科の授業で天体について習い、実際にはっきりと星座を見ることができた感動が強く残っているのだろうと思います。

「宇宙」という言葉を聞くと、大人になった今でも、果たしてそこにはどんな世界が広がっているのだろうかとワクワクしてきますが、未知なる世界である宇宙への憧れは人類にとって本能的なものなのかもしれないですね。今年こそはプラネタリウムに行こうと思っている私が今回紹介するのは、

『宇宙兄弟』 小山宙哉 2008.3 講談社

宇宙兄弟』 小山宙哉 2008.3 講談社

という作品です。

物語の舞台は2025年。子どもの頃、宇宙飛行士になるのを夢見た南波六太南波日々人。弟・日々人は夢を叶えて宇宙飛行士となり、月での任務に備えてヒューストンで訓練を受けています。一方、兄の六太は勤めていた自動車開発会社で一騒動を起こし、退職を余儀なくされ、無職となってしまいます。

夢を実現し、どんどん先へ進んでいく弟。子どもの頃から『「兄」とは常に弟の先を行ってなければならない』との思いをもつ六太は、自分は今まで何がやりたかったんだろうかと苦悩します。

そんな六太を再び立ち上がらせたのは、弟の日々人でした。子どもの頃に兄弟で交わした約束、そして新規宇宙飛行士選抜試験への応募。物語は、六太が宇宙飛行士を目指して進んでいく姿を描いていきます。

という風にあらすじをひどくまじめに書いてみましたが、実際に読んでみると、何度も思わず噴き出してしまうくらい面白いです。六太の天然さというか、いいボケっぷりが自分にはかなりツボでした。

登場人物としては、南波兄弟以外にも宇宙飛行士を目指す人々がたくさん出てきますが、六太と同い年で妻子がある真壁ケンジ、医師でこの作品のヒロインともいえる伊東せりかがしっかりと脇を固めています。あと、日々人の飼っているアポがとてもかわいいです。

現在4巻まで刊行されており、物語はこれまで宇宙飛行士を目指す人間が乗り越えていかなければならない様々な試練やストレスを、時にシリアスな人間関係の描写を交えながら描いてきました。作品の各所に散りばめられた笑いのエッセンスと、物語を引きしめる宇宙飛行士になることへのまじめさが相まって、非常に面白い作品になっていると思います。笑いのエッセンスは、至る所にそっと配置されているので、ぜひ丁寧にコマを辿ってみてほしいです。装丁も、キラキラとした星が散りばめられていて、子どもの頃の宇宙に対する純粋な憧れを感じさせてくれて、とてもいい感じです。

3次試験の終盤まできた4巻が終わって、ここからどのような展開になっていくのか非常に楽しみです。

六太、かぺー!

追記1:2009年3月9日(月)

昨晩、NHKスペシャル「宇宙飛行士はこうして生まれた~密着・最終選抜試験~」を見ました。まさに現実の「宇宙兄弟」です。

10年ぶりに日本人宇宙飛行士の候補者が選ばれるということで963名の応募があり、その中から最後まで残った10名が最終選抜試験を受けている様子が画面に映し出されました。

10人ともパイロットや医者など、すごい経歴の持ち主でしたが、さすが最終選抜試験にまで残っている人たちだなぁと感じさせる風格と顔つきをしているように感じ、宇宙への夢を語るその表情には凛々しさと清々しさが漂っていました。

科学や工学といった知識の豊かさだけでなく、コミュニケーション能力やユーモア力、緊急時対応能力など、宇宙に出てから異質な環境の中でやっていける総合的な能力が必要な、ものすごく大変な職業だなと改めて思いました。だからこそ夢や使命感、家族の支えが最後まで崩れ落ちないための大事な土台となるのでしょうね。

再放送が明日の深夜にあるそうなので、見逃した方は是非ご覧ください♪

再放送:2009年3月11日(水) 午前0時45分~1時34分(10日深夜)総合

ちょっと話は変わりますが、実は先月念願だったプラネタリウムを見る機会がありました。仕事の関係で東京へ行った際に、池袋にあるコニカミノルタ・プラネタリウム“満天”に寄ってきました。やっぱり星空を見るのは素晴らしいですね。日本科学未来館にも行きたかったのですが、時間の関係でこちらはまたの機会となりました。

◎関連リンク◎

宇宙兄弟(1)(講談社)

モーニング 宇宙兄弟(e-1day)

インタビュー 「宇宙兄弟」編集者(sorae.jp)

「宇宙への夢」マンガでも(YOMIURI ONLINE)

JAXA 宇宙航空研究開発機構

世界天文年2009

全国のプラネタリウムマップ(日本プラネタリウム協議会)

コニカミノルタ プラネタリウム“満天”

日本科学未来館

NHKスペシャル|宇宙飛行士はこうして生まれた ~密着・最終選抜試験~(NHKオンライン)

・『宇宙においでよ!』 野口聡一 林公代 2008.6 講談社

はっちの太鼓本 太鼓本だ~♪どどんがどんっ!

|

« 61冊目 『花が咲く頃いた君と』 | トップページ | 63冊目 『四畳半神話大系』 »

コミック・アニメ・ゲーム」カテゴリの記事

3.はっちの太鼓本」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 62冊目 『宇宙兄弟』:

« 61冊目 『花が咲く頃いた君と』 | トップページ | 63冊目 『四畳半神話大系』 »