« 67冊目 『錦繍』 | トップページ | 69冊目 『アルジャーノンに花束を』 »

2009年3月22日 (日)

68冊目 『深夜食堂』

あっ、この人はこれが好物なんやと分かったとき、急に親しみが湧いてきたり、身近に思えたりすることってないですか?食べ物に関する共感や思い出というものは、思っている以上に人間関係において重要な役割を果たしているような気がします。今回私が手にしたのは、

『深夜食堂』 安倍夜郎 2007.12 小学館

深夜食堂』 安倍夜郎 2007.12 小学館

という本です。

営業時間は夜12時から朝7時頃まで。人は「深夜食堂」って言ってるよ。客が来るかって?

それがけっこう来るんだよ。(第1夜)

繁華街の片隅で深夜にしかやっていない、小さなめしや。メニューにあるのは、豚汁定食、ビール、酒、焼酎、それだけ。それでもお客さんはやってくる、メニューになくても勝手に注文すれば、できるものならおやじが作ってくれるから。

目次代わりのお品書きには、ずらっと料理が並んでいて、その一つひとつに誰かさんのちょっとした人間ドラマが描かれているのです。一つのメニューについて描かれる、そのわずか数ページに、登場人物の喜怒哀楽や生き様が見事に凝縮されていて、それだけでも見事なのに、それに加えて出てくるメニューがどれも美味しそうで、

あなたの腹と心の満たし処

という謳い文句に偽りなしの作品です。

黒髪が美しい娘を自慢していた宮本さんだったが、娘がグレてしまい憔悴してしまう「焼き海苔」。

ボクサーのカッちゃんと、アケミさん・幼いマユちゃん親子を結び付けた「カツ丼」。

食パン持参でやってくる新聞奨学生の中島君が注文する「タマゴサンド」。

おレンさんが注文するのは、かつて息子と自分の命を救ってくれた「あさりの酒蒸し」。

こんなに素敵な人間ドラマが繰り広げられている「深夜食堂」があるのならば是非行ってみたいのですが、実際にあったとして、自分には戸に手をかける勇気がなかなか出ないかなぁと。初めて行く店ってなかなか入りづらいんですよね、だから結局「いつもの」店に食べに行ってしまいそうです。

自分だったら何を注文したいだろうか、そして自分にも何かドラマがあるのだろうかと思いながら、とてもおなかがすいてしまう作品でした。

コミックは現在3巻・第43夜まで出ています。作中で時々、柱時計の挿絵が挟み込まれているのですが、1巻で深夜0時を指していた時計が、現在午前5時まで進んでいて、店の営業時間が終わる午前7時を指したら終わってしまうのではないかと思うと、ドキドキしています。人と食べ物に纏わる機微を見事なまでに穿っている素敵な作品なので、これからもまだまだ続いてほしいです。

追記1:2009年9月21日(月)

今月、コミック4巻が発売され、第57夜まで読むことができます。そして、柱時計は午前7時まで進みましたが、巻末で5巻が11月末に発売予定と予告されていたのでほっとしました。

ちょっと前の話題になってしまいますが、今秋TBS系列(関西ではMBS)でドラマ化され、放送時間は各局ともタイトル通り、日をまたいだ深夜となっています。人間ドラマに味わいがある作品ですが、出てくる料理にも「味わい」があるのでお腹が空いてしまいそうですね。10月には深夜食堂レシピも発売されるようです。

umebonさんのブログ「マンガ食堂」では深夜食堂に出てくる料理を再現されていますが、本当にどれも美味しそうです。バターライスと豚汁は特にいいですね~♪

ドラマではどの料理が、そしてどの料理にまつわる人間ドラマが選ばれるのかも楽しみです。やっぱり「赤いウインナー」は外せないですね。

ドラマ「深夜食堂」公式サイト

深夜食堂(MBS)

・『深夜食堂の勝手口』 堀井憲一郎 2009.10 小学館

◎関連リンク◎

深夜食堂(小学館)

深夜食堂(ビッグスリーネット)

☆トラックバックさせて頂いた記事☆

「深夜食堂」(安倍夜郎)のビーフストロガノフ(マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現 -)

|

« 67冊目 『錦繍』 | トップページ | 69冊目 『アルジャーノンに花束を』 »

食文化」カテゴリの記事

コミック・アニメ・ゲーム」カテゴリの記事

♪ほっ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、遅くなりましたが深夜食堂の記事へのトラックバックありがとうございました!

実際に深夜食堂があったら、自分は何をオーダーするか。想像してみると面白そうですねー。
しかしレシピ本も出るとははじめて知りました!楽しみ~。

投稿: umebon | 2009年9月23日 (水) 22:38

umebonさん、はじめまして~
コメントありがとうございます

深夜食堂のおやじさん、お客さんの注文にほとんど応えられてるってことは、頭の中にレシピがぎっしり詰まっているってことですよね。一人で切り盛りしているし、描かれていない過去にはすごい料理人だったかもしれないですね。

コミックを読んでいるだけでもお腹が空いていたのに、再現されているのを見るとなおさらです

またお邪魔させていただきますね~

投稿: 朔風はっち | 2009年9月23日 (水) 23:22

初めまして、深夜食堂いいですょね
赤ウインナーを見ると運動会や遠足なんか思い出して懐かしくかんじます

自信のサイトでも深夜食堂メニュー(料理)を再現してますので、もしよろしかったら見にいらして下さい、画像でレシピ紹介していますからご自宅で作って深夜食堂を見ながら食べるというのもオツではないでしょうか(*^o^*)

投稿: 管理人 | 2011年2月10日 (木) 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 68冊目 『深夜食堂』:

« 67冊目 『錦繍』 | トップページ | 69冊目 『アルジャーノンに花束を』 »