« 77冊目 『ベルカ、吠えないのか?』 | トップページ | 思わず夢中になりました »

2009年10月 4日 (日)

78冊目 『うめ版』

辞書・辞典の世界では電子辞書の発展と普及が目覚ましいようですが、私はアナログで紙をペラペラと手繰るのが好きなので、紙の辞書はまだまだ手放せません。

教育現場、特に小学校においては辞書を引くことの効用に注目が集まっているとも聞きます。辞書と一口に言ってもその目的に応じて、出版社もカテゴリもたくさんの種類がありますが、この本は誰のための辞書として、どこに分類されるのでしょうか。今回私が手にしたのは、

『うめ版』 新明解国語辞典×梅佳代 2007.7 三省堂

うめ版』 新明解国語辞典×梅佳代 2007.7 三省堂

という本です。

新明解国語辞典といえば、辞書好きには有名な、国語辞典でも異彩を放つ個性の強い辞典。そして梅佳代さんといえば、『うめめ』や『男子』などの写真集が注目された、新進の若手写真家。この異彩の辞典と話題の写真家のコラボレーション作品が、『うめ版』です。

『うめ版』 新明解国語辞典×梅佳代

で、どのように構成されているかというと、見出しとなる「ことば」に対して、右のページに新明解の解説書きがあり、左のページにその「ことば」を想起させるような写真が載せられています。

シンプルに言うとそれだけなのですが、ページを捲っていくとこれがなかなか深いんです。新明解のことばの解説だけでも従来味があるものだったのですが、これまた味のある梅佳代さんの写真が添えられたことで、ぐっと迫ってくるものがあります。

やはりことばをことばで説明するということには限界があるのかもしれないということと、どんなに巧く工夫しても「ことばに出来ないものがある」ということ。それを梅佳代さんの写真が見事な表現として、ことば以上にそのことばを言い表しているというところでしょうか。

こうして見ていると、梅佳代さんの写真集『男子』こそ、まさに「男子」ということばを、ことばを用いることなく表現した、本書の先駆けともいえる存在であったんだなと感じました。

個人的には、「生一本」や「ライバル」、「分からず屋」といった項目が特に好きでした。梅佳代さんの作品には必ずといっていいほど、人物か動物が写っていて、いい顔だけでは表せない人間のいろいろな複雑な表情が見れて、本当に大好きです。

個性の強い新明解だからこそ、梅佳代さんの生命力の強い写真たちとがっぷり四つに組んで渡りあえている気がしました。この作品をヒントに、たくさんの人がその写真をある「ことば」に見立てる、名づけてみるのも面白いだろうなと思いました。

「わたし版」の作品が出来たら楽しいでしょうね。そんなことを感じたインパクトの強い、ことばの写真集でした。

◎関連リンク◎

うめ版 新明解国語辞典×梅佳代(三省堂)

『三省堂 新刊 NEWS』号外 うめ版 新明解国語辞典×梅佳代(三省堂)

新明解国語辞典第六版(三省堂辞書サイト)

うめかよ参上!(ほぼ日刊イトイ新聞)

・『うめめ』 梅佳代 2006.9 リトルモア

・『男子』 梅佳代 2007.7 リトルモア

・『じいちゃんさま』 梅佳代 2008.7 リトルモア

・『新明解国語辞典 第6版 並版』 2004.11 三省堂

・『新解さんの読み方』 夏石鈴子 2003.11 角川書店(角川文庫)

・『新解さんリターンズ』 夏石鈴子 2005.9 角川書店(角川文庫)

|

« 77冊目 『ベルカ、吠えないのか?』 | トップページ | 思わず夢中になりました »

ことば」カテゴリの記事

♪ほっ」カテゴリの記事

写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 78冊目 『うめ版』:

« 77冊目 『ベルカ、吠えないのか?』 | トップページ | 思わず夢中になりました »