« 78冊目 『うめ版』 | トップページ | 79冊目 『八朔の雪』 »

2009年10月 4日 (日)

思わず夢中になりました

2009年・第63回「読書週間」の標語は、

思わず夢中になりました

だそうです。読書週間は、10月27日(火)から11月9日(月)までの2週間。

2009年・第63回「読書週間」標語 思わず夢中になりました

2009年・第63回読書週間(社団法人 読書推進運動協議会)

2009年度 読書週間「書店くじ」(日本書店商業組合連合会)

実のところ、本を読むのは専ら通勤途中の電車の中であるため、ほとんど持ち運びに便利な文庫本しか読んでいません。なので、読書週間には普段なかなか読めない単行本を読みたいなと思っています。合わせて、先日書いたとおり、これまでの良かった本を再読して、引き続きここで紹介していきたいと思います。

さて、コツコツと買い集めてきた本が結構な量になってきて、ここしばらくせっせと整理していたのですが、ふとあることに気がつきました。そういえば新潮文庫の応募マークがだいぶ貯まってきているのではないかと。

買うたびに切り取っておいたのですが、ずっと貯めっぱなしで、数えもしていなかったのです。では、というわけで数えてみましょう。10枚で1セットにして、1、2、3、…。

結構ありました、合計86枚。ははは、知らない間に…。では、60枚使いましょう。封筒と切手を買いに行って、ようやく応募しましたとさ。めでたし、めでたし。

Yonda?CLUB 新潮文庫 新潮社

Yonda?CLUB 新潮文庫 新潮社

夏の文庫フェアもギリギリで応募したので、届いたらまた紹介します。これをきっかけにいろいろと調べてみたところ、応募できるいろいろなキャンペーンを各出版社とも行なっているようですね。この機会に、講談社の創業100周年キャンペーンにも応募っと。

Yonda?CLUB 新潮文庫(新潮社)

講談社 創業100周年

「35人の作家とっておきプレゼント」 文春文庫(文藝春秋)

『宝島社ぶんこちょキャンペーン』(宝島社)

で、どんどん話を進めていくと、来年2010年は「国民読書年」です。AC(旧 公共広告機構)も、「コトバダイブしよう。」を掲げて広告やCMを打ち出していますが、ちょっとひっかかる部分が。

Dokusyo2010

ACジャパンの2009年度支援キャンペーン「コトバダイブしよう。」のサイトで、

活字離れの若い人々に向けて、「コトバダイブしよう。」と呼びかけます。

という一文があり、若い人々に向けてとあるのですが、なぜ敢えて「若い人々」になのでしょうか。「国民」読書年のキャンペーンなのに…。

今の社会的な時流として小学校での「読み聞かせ」や「朝の読書」の取り組み、そして中高生の携帯電話を媒介とした活字への親しみ、大学生の経済情勢を反映した勉強時間の増加など、若い世代は以前よりもどちらかというと活字に親しむ流れが出来てきているように感じます。

むしろ、社会人になってなかなか読書が出来ない、もっというと中高年における活字離れの話も聞いたことがあります。もちろん若い時の読書経験は大事だということは重々承知の上で、「活字離れの若い人々に向けて」は、どうなんだろうとちょっと思ったのでした。いずれにしても、夢中になれる本との出会いがあることは幸せなことだなと思います。

2009年度支援キャンペーン:コトバダイブしよう。(ACジャパン)

2010年国民読書年(財団法人 文字・活字文化推進機構)

読書世論調査データで検証する「読書離れ」のウソ 永江朗(総合図書大目録)

「本の現場」はスゴ本(わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる)

ふぅ~。息切れしたので、最後は大好きな天下一品の話で〆。今年も10月1日(木)から10月12日(月)まで天下一品祭りが開催中です。10月1日にちょっと並んで無事食べてきました。

店の回転が良すぎる日は、どうしてもこってりラーメンといえどもやや薄くなってしまいますが、やっぱり美味しかったです。究極ラーメンストラップが当たることを願って、もう一度祭り中に食べに行く予定です。

天下一品 ラーメン無料券2009

天下一品 ラーメン無料券2009

2009 天下一品祭り

追記1:2009年10月18日(日)

応募していた、2009年の角川文庫の夏の100冊のプレゼント、ブックカバーが届きました。松ケンしおり付きです。

発見。ブックカバー2009

発見。ブックカバー2009

合わせて、貯まっていたポイントを交換して、「ディスくん携帯ストラップ」もゲット。角川書店では郵送以外に、携帯からも応募出来るのでラクでしたよ~。

ディスくん携帯ストラップ

発見。角川文庫

発見。ちょっくらぶ

|

« 78冊目 『うめ版』 | トップページ | 79冊目 『八朔の雪』 »

6.はっちのBookマーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思わず夢中になりました:

« 78冊目 『うめ版』 | トップページ | 79冊目 『八朔の雪』 »