« 読書のナツがやってくる~ | トップページ | See you からあげ »

2010年6月30日 (水)

新風館ヴィレヴァン

今日は定時退社後、同僚とラーメンを食べに行った後、烏丸御池の新風館にあるヴィレッジヴァンガードに行ってきました。本の品揃えが自分にとってツボのものがとても多く、眺めていて全く飽きませんでした。

店内に並べられていたムーミンやスナフキン、チェブラーシカのグッズがちょっと欲しくなりましたが、何とか衝動買いせずに店を出ました。

折角本屋さんに来たので、先日発売されたばかりの『宇宙兄弟』の最新刊10巻と、『深夜食堂』の作者である安倍夜郎さんの最新作『山本耳かき店』が気になったので、作者買いしてしまいました。

店内に置かれていたマンガでいくつか気になった作品が、不思議なことに、どれも青林工藝舎という耳慣れない出版社のものだったのですが、気になってしまった以上、いつの間にかまた購入しているかもしれません。

昨日、近所の本屋さんで、今年の夏の100冊のうち、角川文庫と集英社文庫の冊子は手に入れました。サイトを見てみると、新潮文庫も今年の100冊がスタートしていたので、冊子を探しにいこうと思います。

あとは、自分も文庫本ばかり読んでいるので、自分だったら出版社の垣根を越えて、夏の100冊にどの本をお勧めするかも記事にしてみたいですが、まだ100冊には到達してなかったっけかな…。

今、通勤中に高野和明さんの『6時間後に君は死ぬ』という作品を読んでいるのですが、これがなかなか素晴らしい連作集で、読み終わったらまた書評記事をアップしようと思います。

ヴィレッジヴァンガード

新風館

青林工藝舎

新潮文庫の100冊 2010

発見!角川文庫

世界をめくろう。ナツイチ2010(集英社文庫)

|

« 読書のナツがやってくる~ | トップページ | See you からあげ »

6.はっちのBookマーク」カテゴリの記事

コメント

 あ、更新してた!
しかも、素敵な旅に出てたんやタイミングが悪かったかな・・・じゃぁ、またやなぁ

 社会に出るということは、多くを失うんやね。いや、そういう生き方を自分がしているだけかも趣味も特技も。これは新たな自分探しかって突っ込みたくなるわもしくは、それほどまでに世の中を生きることに、不器用なのか(笑)

 はてさて、いつになったら自分は確立されるのやろうね、いつまで問い続けるんやろう。いや問わなくなったら終わりか。どうなんやろね。自分しだいってことか。

 はっちさん、「にもかかわらず」笑ってますか。
お互い、中堅・・・やな中堅には中堅の悩みがあるもんだ

 じゃ、突然の夏に体調を崩されませんように・・・。
また、ふらりとやってきます

投稿: おうじ | 2010年7月18日 (日) 23:48

おうじ、来月には人生の節目を迎えるね。

もう毎度のことやけど、俺は行けないけれど、おうじが今行こうと考えている場所は、きっと今行く必要がある場所なんやろうなぁと思います。

俺は今でもほとんど動かず、でも数年毎に行動欲が込み上げてきて、今年はそのタイミングで旅に出ることが出来ました。

最近は、いろんなことを考えることがほとんどなくなっちゃったかな。
分からんけど、生きることを長いスパンで考えたときに、今はこういう時期なんやと自分を納得させている感じです。
…納得してない部分もあるけど、正直なところ意欲が湧いてこないのだ~、しょうがなし。

だから、今は、今日の繰り返しを生きていくしかないんだと、折れないように、自分なりには頑張って生きています。

ほんまに今は、読書に救われているという気もする。

いってらっしゃい

投稿: 朔風はっち | 2010年7月20日 (火) 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新風館ヴィレヴァン:

« 読書のナツがやってくる~ | トップページ | See you からあげ »