« 生きているだけで、春 | トップページ | 94冊目 『鹿の王 上・下』 »

2015年1月20日 (火)

93冊目 『聲の形』

元気が出てきたので、久々に書評記事を書きたいと思います。

今回私が紹介するのは、

『聲の形』 大今良時 2013.11 講談社(講談社コミックス マガジン)

聲の形』 大今良時 2013.11 講談社(講談社コミックス マガジン)

という本です。『こえのかたち』と読みます。全7巻で、昨年12月に7巻が発売されて、完結したところです。

物語は、小学6年生の石田将也のクラスに、西宮硝子が転校してきたことから動き始めます。硝子は聴覚障害者でした。

日々、退屈なことを嫌い、仲間とつるんで元気が有り余っていた将也は、硝子に目をつけます。今まで関わったことのないタイプの硝子をからかい始めたのです。いや、将也本人にはからかいの自覚は無かったかもしれません。

しかし、将也の行為は次第にエスカレートしていき、硝子は共に卒業することなく、また転校を余儀なくされます。硝子が転校した後、今度は将也が仲間から「外され」、中学、高校と誰とも関わろうとせず、一人生きていました。

将也は決心します。6年生の時に離れて以来の硝子に会おうと。会って、命を捨てようと…。

1巻は読んでいて辛くなる展開です。感情移入したくなる人物がいない、子どもも親も先生も…。子ども時代のいじめは残酷です。ここまでやるか、誰も止めないのかと、読んでいて腹が立ってきます。

しかし、全7巻を読んだ今言えるのは、これほど人間の気持ちを揺さぶる、考えさせられる漫画は久しぶりだなと。

自らの過ちに気が付いたとき、人にはそれぞれの選択があります。忘れてしまうことも、気がつかなかったことにしてしまうことも出来る。しかし、将也の選んだ道は、二度と取り戻せない、あの小学生の日々と、そして自分が傷つけた硝子と、正面から対峙することだったのです。

いじめも聴覚障害も、両方とも重いテーマではあります。が、『聲の形』はそれを訴えたいのだけではないと感じました。もう取り戻せない過去とどう向き合うのかという人間としての選択、人生における時間の使い方、責任の取り方。。。

読み手は、『聲の形』の世界に入る中で、きっと自分自身をもえぐられると思います。だからこの作品を読まないという選択も出来ます。しかし、私は、この作品を多くの人に読んでほしいと思いました。

加害者と被害者、しかしそれは本当にそうなのか。簡単に分けてしまうことで見えなくなることがあるのではないか。人にはそれぞれ生きていくうえで、どうしようもないことがあります。だからこそ、人の声に耳を傾けることが必要ではないか。時には声なき声に。。。

『聲の形』に出会えたことに感謝します。

◎関連リンク◎

聲の形(マガメガ MAGAMEGA)

聲の形(1) [作]大今良時(BOOK asahi.com)

はっちの太鼓本 太鼓本だ~♪どどんがどんっ!

|

« 生きているだけで、春 | トップページ | 94冊目 『鹿の王 上・下』 »

コミック・アニメ・ゲーム」カテゴリの記事

3.はっちの太鼓本」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 93冊目 『聲の形』:

« 生きているだけで、春 | トップページ | 94冊目 『鹿の王 上・下』 »