カテゴリー「時代」の2件の記事

2009年10月21日 (水)

81冊目 『花散らしの雨』

今年、世界中で猛威をふるっている「新型インフルエンザ」。私の勤め先でもとうとう社員の感染者が出たようで、一気に拡がってしまうことのないよう、こまめな消毒とマスク着用が呼びかけられています。

思い返せば、自身にとっては最後に季節性インフルエンザにかかったのは高校1年生の冬でした。40℃を超える高熱にうなされましたが、不幸中の幸いというべきか、休んでいる時に長野冬季オリンピックの開会式を見ることが出来て嬉しかったことを思い出します。

さて、今回私が紹介するのは、先日紹介した『八朔の雪』に続く、みをつくし料理帖シリーズ待望の第二作、

『花散らしの雨』 髙田郁 2009.10 角川春樹事務所(ハルキ文庫)

花散らしの雨』 髙田郁 2009.10 角川春樹事務所(ハルキ文庫)

です。今月15日の発売日、仕事帰りに本屋に立ち寄り、なんとか見つけることが出来た時、ほっとしました。驚いたのは発売日にして第二刷発行となっていたこと。『八朔の雪』が巷で評判になっているだけに、発売前にして増刷を決定していたのでしょうか。

早く読みたい、でも急いたらもったいない。

というわけで、いつものスタイルで通勤中にちょっとずづ読みました。案の定、仕事前にうるっときてしまいましたが。

前作では、澪の豊かな発想と周りの人々の協力によって、少しずつ「つる家」に澪の料理を楽しみにやってくるお客さんが増えてきたところで、付け火によって店が焼失してしまい、そこからもう一度「つる家」を再建しようというところで幕を下ろしましたが、今作では、新たな「つる家」を武家屋敷が広がる元飯田町に再建し、澪や種市らが店を切り盛りしているところから話が始まります。

目次を見ると、

俎橋から――ほろにが蕗ご飯

花散らしの雨――こぼれ梅

一粒符――なめらか葛饅頭

銀菊――忍び瓜

巻末付録 澪の料理帖

となっています。

澪を取り巻く、各々に個性があり、そして背負っているものがある登場人物たち。前作から引き続き登場する面々に加えて、今作でも印象の強い、そして今後話の中で活躍していくであろう人物が何人か登場します。

その中でも、苦労の絶えない澪と重なるところがある「ふき」という少女が登場するのが、今作の最初の物語である「俎橋から」です。

江戸の料理番付で大関の地位にありながら、幾度とその暗部の一端を覗かせてきた「登龍楼」。これまで様々な仕打ちに屈することなく料理を続けてきた澪でしたが、新たに「つる家」で下足番として働くことになった「ふき」との関わりによって、とうとう直接対決に臨むことになります。

誰しも簡単には口に出来ない色々な事情を抱えている、そしてそれを悪用しようとする輩がいる。「ふき」の姿に自身の苦労した少女時代を見た澪は、裏で不審な行動をしている「ふき」を責めようとはしませんでした。澪の「ふき」への思いやりは、裏で糸を操っている者への怒りへと転じます。

これまでやれ孫だ、子どもだ言われていた澪でしたが、「ふき」から「澪姉さん」と呼ばれて、くすぐったいような笑顔を見せる場面では、こちらも澪の表情が想像できて、思わず微笑んでしまいました。

共に働く仲間、仕入先、お客さん。澪の周りにはどんどん新たな素敵な出会いが広がっていきます。個人的には「りう」という、一時「つる家」で手伝いをすることになったおばあさんが強く印象に残りました。老獪ともいえる振る舞いと的を射た言葉の数々に、また登場してほしいなと思いました。

そんな日々の中で、大切な仲間に病魔が忍び寄ります。現実の世界で拡がるインフルエンザ、作中では麻疹が命を脅かそうと猛威をふるいますが、澪をはじめとする登場人物たちの思いやり、揺るぐことのない深い愛情によって、そんな危機的な状況を乗り越えようと、病と必死になって対峙する場面が描かれます。

危機を乗り越える度に、その絆はより強固なものになっていき、いつしか皆が澪にとって家族のような存在になっていきます。前作で謎を多く残した小松原でしたが、今作ではなかなか活躍する機会がなかったようです。しかしながら澪にとってその存在は日増しに大きくなっているようで、この謎の侍についてあまり多くを語らずなところが、今後のこのシリーズの布石となるのかなと期待してしまいました。

相変わらず澪の作る料理はどれもが美味しそうで、一体なぜでしょうか。出来上がったものを見るだけでなく、作る過程から追っているから、より現実的に想像出来てしまって、読者としてはやられてしまうのかもしれないですね。本当にこのシリーズ、今後の刊行が楽しみです。

文庫本の帯に「文字が大きくなりました」と書かれていて、確かにやや大きめになっているので、どの世代でも更に読みやすくなったと思います。本作のはじめに、これまでに登場した「つる家」をはじめとする店や寺社の位置関係が分かる地図が載っていて、思わず見入ってしまいました。

最後に、これまでの二作を通じての登場人物を整理して、次回作を楽しみに待ちたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

:幼くして水害により両親を失い、かつての奉公先の「天満一兆庵」を再建することを目標として、「つる家」の調理場を切り盛りしている本作品の主人公。小松原のことが気になっている。子どもの頃、易者・水原東西に、「雲外蒼天」の相と言われる。齢一九。
(澪、お澪坊、下がり眉、澪さん、澪姉さん)

「この道で花を咲かせることが、私があの水害で親の命と引き換えに生き残った理由のように思えてならんのだす」(八:P129)

種市:今は亡き娘の名を冠した「つる家」の店主として、澪を実の娘のように温かく見守る存在。腰を痛めて蕎麦を打てなくなってしまい、「つる家」を澪に託した。齢六十五。
(旦那さん)

「人間、生きてりゃ泣きたくなるくらいのことはあらぁな。泣いて良い、泣いて良いのさ」(八:P54)

:大坂で名の知れた料理屋「天満一兆庵」の女将だったが、店が焼失してしまい、「天満一兆庵」を再建するために、行方不明になっている若旦那で息子の佐兵衛を探している。澪にとっては幼いころの命の恩人であり、母ともいえる存在。心労で体を弱くしてしまっているが、その器量の大きさや機転のきかせ方、一本筋の通った言動は、さすがは元女将と周囲に言わしめるもの。齢四十八。
(ご寮さん)

「せや。料理は料理人の器量次第や。」(八:P223)

小松原:「つる家」の常連の侍だったが、店が元飯田町に移ってからなかなか姿を見せなくなった。澪の料理に対して、これまで鋭い指摘をしてきた。どこに仕えているのかなど謎が多い。齢三十前後。
(小松原さま)

「江戸っ子は諦めの良さが身上だが、それを見習うなよ。あれこれと考え出せば、道は枝分かれする一方だ。良いか、道はひとつきり。それを忘れるな」(八:P147)

永田源斉:若き町医者。御典医・永田陶斉の次男だが、「父は父、私は私」と、一介の町医者として澪たちに接し、人々からの信頼も厚い。澪の料理や用いる食材について、医師としての立場からその効用について説き、またその発言が澪のひらめきにつながることも多い。齢二十半ば。
(源斉先生)

「口から摂るものだけが、人の身体を作るのです。澪さんがついているのだ、ご寮さんはきっとお元気になられますよ」(八:P125)

おりょう:澪と芳が暮らす長屋の、向かいに暮らすおかみさん。「つる家」が繁盛しだしてから、店の接客を手伝うようになった。齢四十八。

「あたしゃ知らなかったよ。本当に美味しいものを食べる時は、無口になるものなんだね」(八:P200)

伊佐三:おりょうの亭主にして、腕の良い大工。初の棟梁仕事は両替商「伊勢屋」の普請。

太一:おりょうと伊佐三の息子。火事で身寄りが無くなり、おりょうたち夫婦に引き取られた。

ふき:「つる家」の下足番。両親を亡くし、幼い弟は「登龍楼」に置かれている。澪が「登龍楼」に乗り込み、すべてが明るみに出たことで、辛い隠密の役目から抜け出すことが出来た。澪を姉のように慕っている。齢一三。
(ふき坊、ふきちゃん)

:ふきの弟で、「登龍楼」で奉公している。齢六、七。
(健坊)

清右衛門:有名な戯作者。口は悪いが、裏表のないその言動に澪の気持ちが救われる場面も。「登龍楼」との一件以来、すっかり「つる家」の常連となった。りう曰く、「あのひとは今にもっと化けますよ」。

孝介:口入れ屋の店主。「つる家」にふきを勧めた。

りう:孝介の母。孝介がふきの一件の穴埋めとして、人手の足りない「つる家」に寄こした老婆。腰はひどく曲がっていて、歯も上下とも無いが、長いこと大手門の下馬先の茶屋に勤めていたため、その働きぶりは見事なものだった。齢七十五。
(りうさん、りうばあちゃん)

「食べる、というのは本来は快いものなんですよ。快いから楽しい、だからこそ、食べて美味しいと思うし、身にも付くんです。」(花:P198)

留吉:流山の酒屋「相模屋」の奉公人。店主・紋次郎の苦心の品、「白味醂」を売り込みに江戸に出てきた。

美緒:両替商「伊勢屋」のひとり娘。育ちの良い美しい娘で、医師の源斉を好いており、そのために縁談を壊してしまったほど。もう一人の「みお」。源斉が足繁く「つる家」に通っているため、澪に嫉妬している。

采女宗馬:日本橋「登龍楼」の店主。元は煮売り屋だったが、今では料理番付の東方大関に選ばれるほどの、江戸一番と言われる料理屋にまでのし上がった。清右衛門曰く、「生半可な悪ではない、もっと大物」で、興味は権力と金。

あさひ太夫:吉原一の花魁と言われる、翁屋の太夫。廓ぐるみで作り上げた幻の花魁とも言わてれるが…。

又次:翁屋で料理番をしており、或るひとのために、澪に料理を頼みにやってくる。齢三十半ば。

伝右衛門:吉原の大見世、翁屋の楼主。源斉先生の患者でもある。

野江:唐高麗物屋「淡路屋」のこいさん(末娘)で、澪の幼馴染み。易者・水原東西に、太閤はんにも勝る「旭日昇天」の相で、ここまでの強運の相を見るのは初めてやと言わしめた。水害により「淡路屋」は流され、その消息は分からなくなってしまった。

「澪ちゃんは私の大事な友だちやんか。親の商いは関係あらへん」(八:P92)

伊助:澪の父で、漆師。澪が八つの時に水害により命を落とした。優れた漆塗りの技を持っており、伊助の作った箸は「天満一兆庵」でも出されていた。

わか:澪の母。伊助とともに水害により命を落とした。

つる:種市の娘。一七の時に亡くなった。

嘉兵衛:「天満一兆庵」主人。度重なる心労により、澪に「天満一兆庵」の再建を託し、息を引き取った。

「才のない者には、恥かかんよう盛大に手ぇ貸したり。けど、才のある者には手ぇ貸さんと、盛大に恥かかしたり」(八:P12)

佐兵衛:「天満一兆庵」江戸店の主を任されていた若旦那。吉原通いで莫大な借財を負い、江戸店を手放して消息を絶った。

追記1:2010年1月24日(日)

「ブックサービス」によると、来月2月13日に、みをつくし料理帖シリーズ待望の三作目が発売予定のようです。あんまり急いてはいけませんが、早く続編が読みたいですね~♪

2010年2月期文庫発売予定情報(ブックサービス)

追記2:2010年2月14日(日)

どうやら発売日が一ヶ月延びたようで、「オンライン書店 本やタウン」によると、みをつくし料理帖シリーズ待望の第3弾『想い雲 みをつくし料理帖』は、3月13日に発売予定のようです。

今日の朝日新聞・読書面の「売れてる本」のコーナーで、『八朔の雪』が紹介されていました。記事によると、現在、『八朔の雪』が19刷・18万部、『花散らしの雨』が13刷・13万5千部に達しているそうです。個人的には、もっと火がついてもいいんじゃないかと思うくらいの本当に素敵な作品なので、今後もファンの人が増えていったらいいなぁと思っています。

文庫近刊情報 最新 か行(オンライン書店 本やタウン)

◎関連リンク◎

花散らしの雨 みをつくし料理帖(角川春樹事務所)

79冊目 『八朔の雪』(2009年10月11日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

79冊目 『八朔の雪』

台風一過、爽やかな空気と秋の空。やっぱり1年の中でこの時期が一番好きです。

思索の秋。澄み渡る空気の中で、あれこれといろんなことを考えますが、それはひとまず置いておくとして、今回私が紹介する、いや是非とも紹介したいのは、秋の再読本第四弾、

『八朔の雪』 髙田郁 2009.5 角川春樹事務所(ハルキ文庫)

八朔の雪』 髙田郁 2009.5 角川春樹事務所(ハルキ文庫)

という本です。この本を知ったきっかけは、発売されてすぐに新聞に掲載された出版広告でした。

角川春樹さんが「十年に一冊の傑作」と激賞されている作品がどんなものかと興味が湧き、これまで時代小説にはなかなか手が出なかったのですが、一度読んでみようと仕事帰りに本屋さんで手に取り、通勤時に読んでみることにしました。

江戸・神田の御台所町に店を構える蕎麦屋「つる家」。大坂から出てきた澪(みお)の出した料理が客の怒りを買ってしまったところから作品は幕を開けます。

丸顔に、鈴を張ったような双眸。ちょいと上を向いた小さな丸い鼻。下がり気味の両の眉。どちらかと言えば緊迫感のない顔で、ともに暮らす芳からも「叱り甲斐のない子」と言われている。それなのに料理が絡むと、自分でも抑えようのない感情が生まれて、それが顔に出てしまうのだ。(P7)

店主の種市が作る蕎麦と酒目当ての客で繁盛している「つる家」。大坂と江戸の味の好みの違いになかなか慣れることが出来ない齢十八の澪に、種市は店で出す酒に合う一品を作ってほしいと頼むのですが…。

本書の目次を紹介すると、

狐のご祝儀―ぴりから鰹田麩

八朔の雪―ひんやり心太

初星―とろとろ茶碗蒸し

夜半の梅―ほっこり酒粕汁

巻末付録 澪の料理帖

となっていて、表題作を含む4つの中編の連作による作品です。

読み進めるうちに少しずつ澪の生い立ちが明らかになっていくのですが、幼くして天涯孤独の身となってしまった澪と、大坂でも名の知れた料理屋「天満一兆庵」の女将だった芳との親子のような結びつきの強さには、何度も胸にぐっとくるものがありました。

澪には確かに生まれ持った料理の才があります。しかし、それはいわゆる天才的というよりは、澪を取り巻く人々との強い結びつきや思いやり・情の深さ、そして叱咤激励してくれる人々の存在によって開花しているものなのだなと感じました。

感情の波が去って、澪が鼻を啜りながら顔を上げると、種市の顔深くに刻まれた皺を涙が伝っていた。はっと息を飲んだ澪を見て、種市は初めて自分が泣いていることに気付いた。袖でぐいっと涙を拭うと、照れてみせる。

「人間、生きてりゃ泣きたくなるくらいのことはあらぁな。泣いて良い、泣いて良いのさ」(P54)

苦労し、試行錯誤を繰り返しながらも、徐々に、そして着実に江戸での評判を上げていく澪に対して、それを妨害しようとするものが現れます。自分の周りの大切な人たちが傷つく姿を目の当たりにして、自分の道を諦めてしまおうと考えた澪に、思いがけない人物からの「思い」が伝えられます。

幼い日、澪は易者に「雲外蒼天」の相だと言われたことがありました。

「頭上に雲が垂れこめて真っ暗に見える。けんど、それを抜けたところには青い空が広がっている――。可哀そうやがお前はんの人生には苦労が絶えんやろ。これから先、艱難辛苦が降り注ぐ。その運命は避けられん」

「けんど、その苦労に耐えて精進を重ねれば、必ずや真っ青な空を望むことが出来る。他の誰も拝めんほど澄んだ綺麗な空を。ええか、よう覚えときや」(P98)

澪の行く手には、辛いこと、苦しいことが次々に起こります。しかし、澪は一人ではありません。父親のように深い思いやりのある種市、母親のようにいつも見守ってくれている芳、澪を励ましてくれる医師の源斉先生、そして澪の作る料理に時に厳しい、しかし的を射た助言をくれる侍・小松原の存在。

困難を前にしてお互いを頼りにし、たとえ心が折れてしまいそうになっても、それでも立ち向かっていく中で成長していく澪と、澪を取り巻く人々の絆や情の厚さに、何度も涙腺が緩みました。澪だけでなく、種市や芳もこれまで生きてきた中で辛いことを抱えてきており、それだけに澪の作る料理が人々を幸せにしてほしいと切に祈りたくなります。

私は時代小説にこれまで馴染みがなかったのですが、本書はとても読みやすく、情に満ちているけれどもくどくなく、その上出てくる澪の作る料理がものすごく美味しそうで、読んでいると作中の客同様、思わず生唾を飲み込んだという、本当に素敵な作品でした。

ここで朗報ですが、『八朔の雪』に続く、第二弾『花散らしの雨』が近日発売されます。

本書では明らかにならなかった、小松原が一体何者なのかということや、「天満一兆庵」再建への道筋がどうなるのか、そしてあの「太夫」との関係は、など気になることがいっぱいです。

何より澪の創作した新たな料理が、文章で味わえるのが本当に楽しみです。続編をここまで期待した作品は自分にとっては久々のような気がします。

今回再読したことで、続編を読む体制はバッチリです。自分の読みたい本の傾向は自分もある程度偏っているし、人それぞれだと思いますが、本書はこれまで時代物に馴染みのなかった読者にとっても手に取りやすい本だと思います。

澪の下がり眉も味わい深く見える素敵な装画をされているのは、多くの作品で活躍されている卯月みゆきさんです。

ちなみに、『八朔の雪』を読んだ後、あまりの読後感の良さに、著者の別の作品も読んだところ、それもすごく良かったために、髙田郁さんはすごい!と私は一躍ファンになってしまいました。髙田さんの今後のご活躍に期待しております。もっともっと作品を読んでみたいです。

頭上には今年最後の青空が広がっている。真澄の空だ。

雲外蒼天。

忘れへん。生きてる限り、絶対に忘れへん。(P251)

◎関連リンク◎

八朔の雪 みをつくし料理帖(角川春樹事務所)

『八朔の雪 みをつくし料理帖』髙田郁 立ち読み(e-hon)

版画家・イラストレーター 卯月みゆき webサイト

vol.2「八朔の雪ーみをつくし料理帖」髙田 郁(L4BOOKS)

・『花散らしの雨 みをつくり料理帖』 髙田郁 2009.10 角川春樹事務所(ハルキ文庫)

81冊目 『花散らしの雨』(2009年10月21日)

はっちの太鼓本 太鼓本だ~♪どどんがどんっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)